オリーブオイルがコレステロール値を下げるということで期待される美容成分とは?それはオレイン酸です。

化粧品の美容成分!?コレステロールの知識
化粧品の美容成分!?コレステロールの知識

良い美容成分とは?コレステロールを下げる食べ物

夏は肌を露出する機会も増えますよね。海やキャンプで水着を着るために今から急いでダイエットしなくちゃと考えている方も多いと思います。
そんな方のためにおすすめの食材があります。
それはオリーブオイルです。
オイルと書いてあるので油は脂肪になるんじゃないかと思われるかもしれません。たしかにオリーブオイルも他の油同様にとり過ぎると脂肪として体にたまってしまうのですが、私がご紹介するオリーブオイルのとり方では太りません。では、実際にどうするかと言いますと、これまでサラダ油で調理していたところを全てオリーブオイルに変えるだけなんです。
これだけで健康な体に一歩近づくことができると私は考えています。
それでは、なぜオリーブオイルが良いのか説明していきます。
オリーブオイルはサラダ油と違ってオレイン酸という脂肪酸でできています。
実はこれが美容成分なのです。
オレイン酸には血液中のコレステロール値を下げる働きがあるので、つまりは血液がサラサラになるのです。

もしコレステロール値が高く、血液がドロドロだった場合になぜダイエットを難しくしてしまうのでしょうか?それはドロドロの血液では細胞に酸素や栄養などのエネルギー源を十分に届けることができないので運動するエネルギーが湧いてきません。さらに、二酸化炭素や老廃物を運ぶ働きも悪くなってしまうため、どうも調子が悪いなといっただるさに襲われます。
つまり注目の美容成分オレイン酸の入ったオリーブオイルに油を変えることで体の代謝をよくして、ダイエットを成功させることができるという仕組みなのです。

Copyright (C)2017化粧品の美容成分!?コレステロールの知識.All rights reserved.